筋肉痛 運動

筋肉痛予防には何と言っても普段からこまめな運動を

 

朝起きると、イタタタ…、体が痛い、そんな体験を1度はお持ちなのではないでしょうか。
それはご存じ「筋肉痛」です。

 

筋肉痛とは、筋肉をたくさん使ってしまった場合や、慣れない運動をした場合などに起こるものと、多くの人に認識されています。
近年、スポーツや運動を活発に行う方が増えています。

 

大変喜ばしいことですが、その後生活に支障が出るほどの筋肉痛になってとあっては、せっかくの運動が台無しです。
では、どのようにすれば筋肉痛になりにくく、なったとしても早く回復できるものなのでしょうか。

 

Wikipedia:筋肉痛

 

筋肉痛になるのはどうして?

筋肉痛ににはさまざまな原因が考えられています。

 

  • 一つ目は、激しい運動により筋肉が収縮を繰り返すと、骨格筋と呼ばれる体を動かすための筋肉の筋線維が小さく断裂を起こすことで、傷ついた部分が炎症を起こし、痛みが生じるということが挙げられます。
  • 二番目は、激しい動きの中で、筋肉が収縮を繰り返したことにより損傷した筋線維を分解し、新しい筋線維を作るために起こる痛みとも言われています。
  • 三番目には、運動をすることにより、疲労物質(乳酸等)が溜まり、そのことが原因で痛みが生じるという考え方などが挙げられます。

筋肉痛予防も大事

筋肉痛が生じた場合、早く痛みを和らげようと治すことも大事ですが、その前になるべく痛みを少なくするような予防も大切です。
その一つとして、運動前の栄養補給を行うことも一つの方法です。

 

筋肉が損傷したときに、修復を図ろうとします。その際に「タンパク質(アミノ酸)」という栄養素が使われます。
ですので、このたんぱく質を摂ることはとても理にかなっています。例えば、大豆や肉などに多く含まれていますので、摂取を心がけると良いでしょう。

 

また、疲労物質乳酸を抑制する効果がある「クエン酸」を摂ることも、筋肉痛の防止に繋がります。
クエン酸が含まれる代表的な食材として、梅干しやレモンなどの柑橘類が挙げられます。
また、最近ではサプリメントを利用するという手軽な方法もあるかも知れません。

 

また、運動前のウォームアップも重要です。
いきなり体を動かすことは、体に負担をかけますし、怪我のもとでもありますので念入りに行いましょう。
運動後のクールダウンも併せて行うことも重要です。

 

また、当日は、アイシングと呼ばれる筋肉を冷やす行為も炎症を抑制する効果があります。行うことをおすすめします。

 

筋肉痛になってしまったら?

筋肉痛になってしまった場合、軽くマッサージをするなどの血流促進を行うこと、リラックスをすること、消費されたエネルギー源として、タンパク質などを摂ることが早い回復に繋がります。

 

まとめ

普段からのこまめな運動により、筋肉痛を防ぐことができます。たまの運動ではなく、日々コツコツ行うことが重要ですので、意識すると良いでしょう。

 

TOPページに戻る